ヴィヴェアシュが退団

チェルシーアカデミーに9年間勤めた、育成チーム監督のアディ・ヴィヴェアシュが退団することとなった。

 

アカデミーの飛躍に大きく貢献したヴィヴェアシュ。2008/09シーズンに加入すると、U12から各世代を担当。U18チーム監督としては3年連続となるFAユース杯決勝進出も果たし、2012年、2014年には優勝。その後U21チームを率い、育成チームの監督に就任した。

 

U19チームが争うUEFAユースリーグでも、2年間に及び20試合でわずか1敗という好成績を残し、2015年から連覇も達成。その時のメンバーから8名がファーストチームに昇格し、そのほかのメンバーも各国リーグや国内下部リーグでプレーを続けている。

 

テクニカルダイレクターのマイケル・エメナロは「アディのアカデミーにおける功績は、チェルシーに大きな影響を与えた。FAユース杯での好成績に、アディの仕事は欠かせないものだった。欧州大会でも連覇を果たすなど、U19世代での貢献度も高い。アディの新たな挑戦を、心から応援したい」とコメントしている。