スカウティングレポート:ハダースフィールド

今節の対戦相手の情報をチェックしていこう...

 

監督

デイヴィッド・ワグナー 2015年に就任して以降、手腕を発揮しているドイツ人監督。昨シーズンはプレーオフで勝利に導き、見事プレミアリーグ昇格を果たしている。現在ハダースフィールドは昇格組ながらリーグ中位。ボルシア・ドルトムントではユルゲン・クロップ監督の右腕としてコーチを務めた経験を持つ指揮官は、ドイツ出身ながら選手時代にはアメリカ代表としてキャリアを積んだ。

キープレーヤー

アーロン・ムーイ 昨シーズンからマンチェスター・シティよりローン加入しているオーストラリア代表選手。昇格の原動力となった彼をクラブはすぐさま完全移籍での獲得を望んだ。チームの中盤を任されているムーイはこれまで2ゴールを奪っている。ムーイはハダースフィールド、マンチェスター・シティの他にイングランドではボルトン、スコットランドのセント・ミレンに所属していた経験を持つ。 

最近の戦績

昇格組として好スタートを切ったハダースフィールドは現在リーグ12位。ここ5試合で勝ち星は僅か2つだが、同じく昇格組のブライトンに2-0で競り勝っている。今回初めて訪れるジョン・スミスズ・スタジアムは鬼門となるのか。このスタジアムで試合に臨んだジョゼ・モウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッドは2-1で敗れている。

注目選手

トム・インス 元イングランド代表選手のポールの息子。今夏ダービーから移籍して以降、着実にレベルアップを果たしており、持ち前のポテンシャルを発揮しつつある。リヴァプールやブラックプールに所属したことがあり、ブラックプールの降格が決定するとプレミアリーグでの出場機会を求めてクリスタルパレスやハルへ戦いの場を移した。しかしながら、どちらのクラブでも十分な出場機会を得ることはできず、ノッティンガムフォレストとダービーにローン移籍をしている。ダービーで昇格を逃した後ハダースフィールドに移籍し、ディヴィッド・ワグナー指揮官の元、レギュラーの座を勝ち取っている。

両クラブOB

フランク・シンクレア ハダースフィールドにはローン移籍を経た後に完全移籍を成し遂げている。2008年にはハダースフィールドの一員としてスタンフォードブリッジに帰還し、FA杯で対戦。試合はチェルシーが3-1で勝利を収めている。ジャマイカ出身のシンクレアはチェルシーで8年間過ごした後、レスター、バーンリー、リンカーン、ウィコムを渡り歩いた。2015年に現役引退してから指導者へ転身。ノンリーグで経験を積んだ後、ヘドネスフォード、ストーク・シティでコーチを務め、U-23のアシスタントマネージャーも務めてきた。