ステップアップ:トッド・ケイン

成長を続けるローン選手をピックアップする新シリーズ第2弾。今回のゲストはNECナイメヘンのサイドバック、トッド・ケインだ。

 

チェルシーアカデミー出身のケインは、昨夏昇格を果たしたナイメヘンへローン移籍。現在はすっかりレギュラーに定着し、チームのリーグ3位となる最少失点にも貢献。リーグ戦22試合のうち19試合でスタメン出場を果たしている。

 

次の相手はリーグ首位PSV。ケインは新たな挑戦に前向きな姿勢を見せている...
 

まずはトッド、オランダでの経験はどう?

最高だよ。いい経験になっている。フットボール自体もいいし、チェルシーでやってきたことと変わらない。普段通りのプレーが評価されて嬉しいよ。

 

守備面におけるチームの現状はどうかな

自分は右サイドバックだけど、持ち味は出せていると思う。前に出てクロスを上げたり、ゴールのチャンスもあったよ。

 

前への姿勢もいいけど、守備面ではここに来てから大きく改善されているんじゃないかな。もっと守備の意識を高めないといけないし、いい形で成長は続けられていると思うよ。

 チェルシーU21時代のケイン

他のディフェンダーとのコミュニケーションは?

シーズンの始めの方は英語だったよ。みんな分かるからね。でも今は自分もオランダ語でフットボールの話はできるようになった。左右とか、ターンとかね。だからコミュニケーションは問題ないよ。

 

最近では副キャプテンにも抜擢されたね...

そうだね。前にリヴァプールにいたゴールキーパーのブラッド・ジョーンズと自分に、キャプテンの話が持ち上がったんだ。監督と話をして、キャプテンには彼が適任だってなったんだ。

 

自分だってやってみたかったけど、ブラッドの方が経験もあるし、説得力もある。副キャプテンだって光栄なことだよ。自分のプレーが評価されてのことだろうしね。

 

異なる文化での生活は?

問題ないよ。練習もしっかりやって、睡眠もバッチリで体調もいい。フットボールに集中することで、うまく回っている。

 

何も困ったことはない。フィテッセのみんなも20分くらいのところにいるから、いつでも会えるしね(トップ写真は、フィテッセにローン移籍するルイス・ベイカーとマッチアップするケイン)

 

自分自身、またクラブにとっての目標は?

シーズン頭の目標は勝ち点35を確保して残留を目指すことだった。でもそれはもう達成したし、次は欧州大会出場圏内だね。

 

今チームは5位。先週勝てていれば3位だったんだ。クラブは絶好調だよ。

 

次はホームのPSV戦。前回は2-1で負けているから、日曜日はリベンジだね。ビッグクラブとの試合は楽しみ。最高のプレーで臨みたい。フットボールに集中して、試合を楽しみたいね。