ファーストインタビュー:ミシー・バチュアイ

マルセイユから加入したミシー・バチュアイに、早速一問一答に応じてもらった。

 

移籍を喜ぶ22歳のバチュアイ。自身の足跡、そして来る新シーズンへの思いを語っている...

 

まずはようこそ、ミシー。チェルシーの一員になった感想は?

最高だね。子供の頃からの夢だったよ。

 

コブハムの第一印象は?

素晴らしいよ。かなり大きいし、クラブの勝利への野心を感じるね。

 

代表チームでも一緒のエデン・アザールやティボー・クルトワとは話をした?なんて聞いたの?

最高のスタジアムに最高のファンがいる、最高のクラブだって聞いたよ。

 

自分の持ち味は?

まだ若いから、これからもっと成長できる。両利きで、スキルには自信があるよ。

 

最近の親善試合では、アントニオ・コンテ次期監督率いるイタリア相手にゴールを決めたね。もうすぐこのクラブで一緒になるけど、ワクワクする?

自分にとってもチャンスだし、新天地で新監督としっしょにやれるのは楽しみだよ。いいタイミングだったね。

 

コンテと話す機会はあった?

うん。ちょっとだけどね。きれいな英語を話してもらったんだけど、自分は話せないんだ(笑)

プレミアリーグは好き?ここ最近のチェルシーは見たことがある?

もちろん。プレミアリーグはみんな見ているし、チェルシーの試合もたくさん見たよ。

 

子供の頃のアイドルは?

ブラジルのロナウド。まさに怪物級だったね。

 

ユーロ2016ではベルギー代表の一員として、ハンガリー戦にてファーストタッチでゴールを決めたね。

最高の気分だったよ。もっと勝ち進みたかったけど、ウェールズ相手に負けてしまったからね。

 

あの時のゴールをアシストしたのは、チェルシーでも一緒になるエデン・アザールだったね。

そうだね。ピッチ内外でも良い関係なんだ。

 

クラブのレジェンド、ディディエ・ドログバも同じくマルセイユからの移籍だったね。偉大な先輩に続く自信はある?

それぞれ違う選手だからね。でもディディエのここでの功績は本当にすごいものだし、自分もベストを尽くしてがんばるよ。

 

クラブでのファーストシーズン、その目標は?

まずは楽しむこと。そしてチームの勝利のために全力を捧げたい。