マッチプレビュー:バーンレイ v チェルシー - ヒストリー

ターフ・ムーアでの戦いの歴史をチェックしていこう...

 

ヒストリー

 

チェルシーが初めてバーンレイとのアウェイゲームを戦ったのは1905/06シーズンの3月24日、0-2で敗れたディヴィジョン2の試合まで遡る。

 

1919年10月の対戦では、ロランス・エーブラムズが後半に決勝点を決めてブルーズが勝利を手にした。

 

チェルシーは今週末、プレミアリーグ創立後3日目となるターフ・ムーアでの試合を迎えるが、これまでの対戦で最も印象的なものは2014/15シーズンの開幕戦だろう。この試合は序盤にスコット・アーフィールドに先制ゴールを決められてしまう。

 

しかしその3分後にはディエゴ・コスタがゴール前の跳ね返りを押し込んで同点に追いつく。

 

そしてチェルシーは25本のパスを繋いで最後はアンドレ・シュールレが勝ち越しゴール。ラストパスを送ったセスク・ファブレガスの華麗なタッチは会場を沸かせた。

 

ジョゼ・モウリーニョ率いるブルーズは前半残り10分、セスクのコーナーキックをブラニスラヴ・イヴァノヴィッチが合わせてリードを広げた。

 

圧倒的な力を示して開幕戦を3-1で制したチェルシーは、そのシーズンの5月にリーグ王者に輝いている。

ブルーノート

1998年2月12日は、ルート・フリットに代わり、ジャンヌルカ・ビアッリが選手兼監督に就任した。

 

チェルシーがバーンレイに敗れたのは1978年8月。この試合は80分にフランク・キャスパーがゴールを決めている。

 

1960/61シーズンのリーグ戦ではホーム&アウェイで合計16ゴールが生まれたこの対戦。スタンフォードブリッジでは6-2、アウェイでは4-4となっている。

ターフ・ムーアでのリーグ過去10試合

1968/69 バーンレイ勝利 2-1 旧1部リーグ

1969/70 バーンレイ勝利 3-1 旧1部リーグ

1970/71 引き分け 0-0    旧1部リーグ

1973/74 バーンレイ勝利 1-0 旧1部リーグ

1974/75 チェルシー勝利 2-1 旧1部リーグ

1976/77 バーンレイ勝利 1-0 旧2部リーグ

1979/80 チェルシー勝利 1-0 旧2部リーグ

1982/83 バーンレイ勝利 3-0 旧2部リーグ

2009/10 チェルシー勝利 2-1 プレミアリーグ

2014/15 チェルシー勝利 3-1 プレミアリーグ

 

今シーズンの対戦

2016年8月27日 プレミアリーグ

チェルシー…………3      バーンレイ…………0

 

チェルシー v バーンレイ 公式戦通算対戦成績

試合          93

チェルシー勝利      34

引き分け            23

バーンレイ勝利      36

 

ターフ・ムーアでの通算対戦成績

試合        41

チェルシー勝利      9

引き分け            11

バーンレイ勝利      21

 

最大得点差勝利(バーンレイホーム)

1913年9月27日 バーンレイ 6-1 チェルシー

2014年8月18日 バーンレイ 1-3 チェルシー

 

マッチプレビュー続編もお楽しみに。