ベゴヴィッチ:自分たちのプレーに集中

アスミル・ベゴヴィッチは残り1カ月の戦いでは、チームの経験がものを言うとコメントしている。

 

ティボー・クルトワの欠場によりオールドトラフォードのゴールマウスに入ったベゴヴィッチ。2失点を喫したものの、要所ではファインセーブを披露している。

 

「ユナイテッドは立ち上がりからアグレッシブだったし、セカンドボールを拾われるシーンが目立った」と話すベゴヴィッチ。「良いスタートを切らせてしまったね」

 

「もっとアグレッシブに行くべきだった。このチームには試合を決められる選手はいるけど、相手も強者揃い。今回は難しい試合になったよ」

 

ベゴヴィッチはシーズンを首位で終えるために、このチームは必要なことがあるとコメント。チェルシーにはイングランド、スペイン、フランス、ポルトガル、ウクライナ、ベルギーで優勝を経験したメンバーが揃っており、コンテもセリエAで3連覇を達成している。

 

「混乱なんてしていないよ。このチームには経験豊富なメンバーが揃っている。今やるべきことは、次の試合に向けて良い準備をすることだけさ」

 

「必ずバウンスバックできるはず。シーズンはまだ終わっていないし、自分たちの仕事を全うしなければならない。2位との差は4ポイントあるんだ。シーズン序盤でもこういう状況は経験済みさ。優位であることは変わらないんだから、自分たちのプレーに集中したい。ポイントを積み上げさえすれば、スパーズのことは考えなくていいんだ」