あっちこっちチェルシー

今週もローン組の動向、今後の予定をチェックしていこう。

 

ローンハイライト

イースターの影響で金曜日と月曜日に大半の試合が行われたイングランド。タミー・アブラハムの所属するブリストルシティはQPRを2-1で下し、ブラックバーンには1-1で引き分けた。ロビンズはこの結果、降格圏に4ポイント差をつけることに成功した。なお、アブラハムはブラックバーン戦で今シーズン25得点目を決めている。

フルハムのトマス・カラス(トップ写真)は2試合にフル出場し、ルーカス・ピアゾンはいずれも途中出場。フルハムはノリッチとのアウェイゲームを3-1で制し、アストンヴィラにも同じスコアで勝利した。6ポイントを手にしたフルハムはプレーオフ圏内から脱出している。

 

ブライトンのフィカヨ・トモリは出場機会はなし。ハダースフィールドのイジー・ブラウン、ケイシー・パルマーは負傷により欠場している。クリスティアン・アツは2位ニューカッスルでフル出場するも、イプスウィッチに3-1で敗戦。首位ブライトンとの差を7ポイントに広げてしまった。

 

リーグ1ではジェイク・クラーク=ソルターの所属するブリストル・ローヴァーズが3-1でジリンガムに敗戦。チャーリー・コルケット、ファンカティ・ダボが共にスタメン出場したスウィドンタウンはウィンブルドンと0-0のドロー、ウォルサールに1-0で敗れた。コルケットとダボは惜しいシーンもみられたが、どちらの試合でもネットを揺らせていない。

 

ジェイ・ダシルヴァは2試合に出場。イースターに行われたコヴェントリー戦は1-1で引き分け、ジリンガムとのホームゲームでは3-0で白星をあげている。

 

リーグ2では、リーズのアレックス・キウォムヤがヨーヴィル戦の終盤に途中出場したが、チームは黒星。GKジャマル・ブラックマンはマンスフィールドに1ゴールを許して敗戦。この試合ではウィコムのゴールを守り切ることはできなかったが、続くバーネット戦では2-0でクリーンシートを達成した。ブラックマンは近距離のシュートを2本セーブするなど、充実したパフォーマンスを披露し、チームはプレーオフまで2ポイントと迫っている。

 

ソリハル・ムーアズのGKネイサン・バクスターはホームでヨークシティに2-1で黒星を喫したが、アウェイでマクレーズフィールドに3-1で勝利した。

 

オランダでは、マルコ・ファン・ヒンケルの所属するPSVアイントホーフェンがデン・ハーグと1-1でドロー。首位との差を7ポイントに広げてしまった。アヤックスはヨーロッパリーグ準々決勝第1試合でシャルケに2-0で勝利。バートランド・トラオレはこの試合に出場したが、週末のリーグ戦はベンチに留まった。

 

フィテッセのマット・ミアズガはエクセシオール戦に出場するも、負傷交代に。チームも1-0で敗れ、残念な週末となってしまった。この試合の唯一のゴールをあげたのはナイジェル・ハッセルバインク。彼は元ブルーズのジミー・フロイド・ハッセルバインクの甥にあたる。

 

ドイツでは、アンドレアス・クリステンセンが乱打戦の末に敗戦。ボルシアMGはボルシア・ドルトムント相手に5-3で黒星を喫した。

 

スペインでは、トニー・アダムスを新監督に迎えたグラダナがセルタヴィーゴに3-0で敗戦。ジェレミー・ボガは途中出場となった。

 

元ブルーズ

ジャンフランコ・ゾラは月曜日、バーミンガムシティの監督を退任。チャンピオンシップではボルトンに敗れ、20位としていた。

 

今週のチェルシー

マンチェスター・シティと対戦するFAユース杯決勝は今夜キックオフ。

 

金曜日には育成チームがシーズンラストとなるホームゲーム、エヴァートン戦を行う。またU18チームは土曜日にリーグ戦を控えている。

 

ファーストチームは日本時間土曜日深夜、スパーズとのFA杯準決勝を予定している。