マッチプレビュー:チェルシー v トッテナム - トーキングポイント

ロンドンダーとなったFA杯準決勝をクラブの専門家リック・グランヴィルとポウル・ダットンがプレビューしてくれた...

 

トーキングポイント

ウェンブリースタジアムで開催されるこの試合。このスタジアムでチェルシーがプレーするのは28回目となり、旧スタジアムでは13回、2007年以降は15回となる。

 

この対戦カードは言わずと知れたダービーマッチ。チェルシーはFA杯準決勝を過去22回戦っており、このステージでは過去11勝10敗1分としている。

 

対するスパーズは過去6シーズン連続でFA杯準決勝に駒を進めている。ロンドン勢とは1992/93にアーセナル(1-0、勝ち)、2011/12にチェルシー(5-1、負け)と準決勝で激突した。

 

スパーズは今シーズン、欧州大会をウェンブリーで開催しており、この準決勝は中立地開催とは言えない。つまりミュンヘン2012同じ状況となっている。