マッチレポート:マンチェスター・ユナイテッド 2-0 チェルシー

オールドトラフォードでの一戦は前後半ともに立ち上がりに失点し、黒星となった。

 

ユナイテッドはマーカス・ラッシュフォード、アンダー・エレーラがゴール。チェルシーの本来の攻撃力は影を潜めるかたちでノーゴールに終わってしまった。

 

前半こそ本来の力を発揮できなかったブルーズだが、後半は攻守両面が噛み合い相手ゴールに迫る。しかしユナイテッドは2点のリードを守り切るかたちで3ポイントを奪うことに成功した。

 

次なる試合はFA杯となるが、2位との差は4ポイントに縮まっている。

 

チェルシーはボーンマス戦からスタメンを2枚変更。ゴールマウスには足首を負傷したティボー・クルトワの代わりにアスミル・ベゴヴィッチ入ることに。またウォーミングアップ中にマルコス・アロンソが負傷。急遽ウィングバックにはセサル・アスピリクエタ、センターバックにはクル・ズマが起用されることとなった。

ヨーロッパリーグを戦うジョゼ・モウリーニョはスタメンを4枚変更。ズラタン・イブラヒモヴィッチ、ヘンリク・ムヒタリアンらをベンチにスタートさせた。

 

ジェシー・リンガード、マーカス・ラッシュフォードを最前線に並べたユナイテッド。すると開始7分にラッシュフォードがディフェンスの背後に抜け出して均衡を破る。

 

チェルシーの攻撃はエレーラがハンドで阻止するも、主審はホイッスルを吹かず。これをエレーラ本人が持ち上がってラッシュフォードへラストパスを送り、先制ゴールへと繋がった。

試合直前にアロンソの欠場が決まるというトラブルに見舞われたブルーズ。今シーズンは初めてユナイテッドに先制ゴール許し、敵地で苦しい戦いを強いられることに。

 

12分、ヴィクター・モーゼスのクロスはデヘアがキャッチ。さらに左サイドから突破を試みたディエゴ・コスタは、バイリーに倒されフリーキック獲得した。

 

アシュレイ・ヤングに危険なシーンを作られるも、クロスはそのまま外へ。ユナイテッドのゴール前ではマルコス・ロホとディエゴ・コスタが激しいマッチアップを繰り広げた。

 

ラッシュフォードのクロスはベゴヴィッチがパンチングで処理。ここからチェルシーは反撃に転じるも、フェライニが危険なタックルでダヴィド・ルイスを倒して注意を受けるシーンも見られた。

 

ポウル・パグバへのファウルでディエゴ・コスタがイエローカードを受けてしまう。対するユナイテッドもエレーラがアザールを倒すが、主審はカードを出さず。このフリーキックもゴールには繋がらずに、ブルーズにとってはフラストレーションが溜まる展開となった。

ラッシュフォードがエリア内に切り込むと、モーゼスがスリップ。危険なクロスをあげられるも、ケイヒルが頭で触って事なきを得る。この時間帯には雨が上がっていたマンチェスターだが、アスピリクエタもクロスの瞬間にスリップするなど、ピッチコンディションにも悩まされた。

 

前半アディショナルタイムにはディエゴ・コスタがロングシュート。3-5-2のシステムを採用したユナイテッド相手に危険なシーンをつくり出せずに45分を終えることとなった。ラストプレーでヤングが放ったシュートは枠を大きく外れている。

後半開始4分、またしてもユナイテッドが追加点をあげる。ダヴィド・ルイス、エンゴロ・カンテが危険なボールを立て続けにクリアしたものの、エレーラのシュートがズマに当たってコースが変わり、ベゴヴィッチの壁を破られてしまう。

 

敵地で2点のビハインドを負ったブルーズは、モーゼスに代えてセスク・ファブレガスを投入して4-3-3にシフトにする。

 

これによりディエゴ・コスタを狙ったロングボールという選択肢を手にしたチェルシー。ファーサイドのペドロを狙ったアスピリクエタのクロスは、あと一歩で合わずにゴールキックに。

ラッシュフォードのシュートはサイドネット。その直後にもラッシュフォードにシュートを放たれるも、これはベゴヴィッチがセーブしている。

 

ここでアザールを倒したエレーラ、ディエゴ・コスタへのファウルでロホにイエローカードが出される。反撃に出たいブルーズは前線に圧力をかけていくが、セスク・ファブレガスも警告を受けてしまい、ここでタイムアップ。

 

今シーズンはロンドン以外で初めての黒星、対ユナイテッドでは13試合ぶりの敗戦となった。

 

チェルシー(3-4-3):ベゴヴィッチ;アスピリクエタ、ダヴィド・ルイス、ケイヒル(C); モーゼス(セスク54)、カンテ、マティッチ(ウィリアン67)、ズマ(ロフタス=チーク83)ペドロ、ディエゴ・コスタ、アザール

サブ エドゥアルド、テリー、アケ、バチュアイ

警告 ディエゴ・コスタ33、ケイヒル47、セスク90

 

ユナイテッド(3-5-2):デヘア;バイリー、ロホ、ダミアン;ヴァレンシア、フェライニ、エレーラ、ポグバ、ヤング(フォス=メンサー90 + 3)、ラッシュフォード(イブラヒモヴィッチ83)、リンガード(キャリック60)

サブ ロメロ、ブラインド、ショウ、ムヒタリアン

得点 ラッシュフォード7、エレーラ49

警告 エレーラ73、ロホ75

 

審判 ロバート・マドリー

観客 75,272