クリステンセンが新契約

アンドレアス・クリステンセンが、チェルシーとの4年半の新契約にサインした。

 

21歳のクリステンセンは、アントニオ・コンテのもと今シーズンは主力の一員として定着。ここまで22試合に出場し、最終ラインの中央を務めている。

 

2022年までの新契約を結んだクリステンセンは「契約延長は嬉しいね。これからもチェルシーに居続けることができてハッピーだよ。今は出場数も増えて、順調だと思う」とコメント。

 

クラブディレクターのマリア・グラノフスカイアは「アンドレアスのパフォーマンスあってこその契約延長。2012年の加入以来、プロとしての真価を発揮し続けている」とコメントした。

 

また「ドイツでの2年で、今シーズンに向けての土台を作ってきた。これからもチェルシーでプレーする選択をしてくれて嬉しい。アンドレアス、チェルシーにとってここからの4年半はさらに素晴らしいものになることを願うわ」と続けている。

 

すでにデンマークフル代表としてもプレー。11月のプレーオフではアイルランド代表相手にもゴールし、5-1でW杯本戦出場を決めている。

 

ボルシア・メンヘングラッドバッハでは2年間ローン修行を積み、チャンピオンズリーグも経験。2014年にはFAユース杯、U21プレミアリーグ、2015年にはUEFAユースリーグの優勝にも貢献した。チェルシーには2012年、母国のブロンビーから加入している。