コンテ:トロフィーのために

カラバオ杯決勝進出を目標として高く掲げるアントニオ・コンテが、タイトルへの思いを語った。

 

まずは準決勝第1戦、スタンフォードブリッジへアーセナルを迎え撃つ今夜のチェルシー。決勝は来月末開催予定となっている。

 

「シーズンを戦う中で、どんなコンペティションでも全力で挑む」と話すコンテ。

 

「リーグは正直、優勝は厳しいかもしれない。首位があまりにも抜けているからね」

 

「チャンピオンズリーグで戦い続けるためにも、トップ4で終えるのは誰にとっても大きな意味がある。だがタイトルの可能性だってまだ残されているんだから、手を抜くわけにはいかない。準決勝まで来たのなら、決勝進出、優勝を見据えるのは当然だよ」

 

「昨シーズンはリーグ優勝して、FA杯決勝、コミュニティシールドも戦った。自分にとっては大きな経験になったよ。今シーズンも決勝の舞台に立ちたいね。選手もその気持ちは一緒のはずだ」

 

コンテはアーセナルがベストの布陣で挑んでくると予想。なお今月、このカードは3回も顔合わせすることになっている。

 

「リーグで戦ったと思ったら、今度はカップ戦決勝をかけての顔合わせだ。やりにくい部分はある」

 

「こうした重みのある試合は、体力面も精神面も、フィジカル面でも消耗する。だからと言ってリーグで手を抜くわけにはいかない。アーセナルと3試合やらなくてはならないこと自体は心配していないが、これが短期間でやるとなると話は別。FA杯もあるわけだしね」