新チーフエグゼクティブを招聘

チェルシーFCは新チーフエグゼクティブにガイ・ローレンスを招聘した。

ガイは2月からチェルシーとともに働くこととなる。クラブの役員と密な連携を取り、イギリス国内や世界規模での商業活動の中で収入を拡大するなど、日々のクラブ運営の責任者として舵をとる。

 

クラブチェアマンのブルース・バックは次のように述べている:「ピッチ内外で輝かしい成績を残すチェルシーというクラブでのガイの仕事ぶりを楽しみにしている。クラブオーナーや役員とともに収益拡大に尽力し、イギリス国内、そして世界中のファン層拡大に貢献してくれるだろう」

 

ガイはカナダの最大手通信企業であるロジャース・コミュニケーションズの最高経営責任者を務めるなど経験豊富。以前は世界最大手電気通信企業のひとつ、ボーダフォンUKでも最高経営責任者を務めていた。

 

スポーツでは、北米最大のスポーツ企業のひとつ、メイプルリーフスポーツ&エンターテインメント(MLSE)のディレクターを務めた経験も。NBAのトロント・ラプトルズやNHLのトロント・メイプルリーフス、MLSのトロントFCでも経営に関わっている。