強い気持ちで準決勝に臨む

アントニオ・コンテは、カラバオ杯準決勝アーセナル戦にエデン・アザールが出場できる見通しであることを明かした。

 

カラバオ杯準決勝はまずホームにアーセナルを迎え、今月末に敵地で第2戦を戦うブルーズ。もう一つの対戦カードは、マンチェスター・シティ対ブリストル・シティだ。

 

コブハムで行われた記者会見にて、アントニオ・コンテはエデン・アザールの復帰や新加入のロス・バークリーについて語った。

 

「エデンのフィジカルコンディションはいいよ」と語るコンテ。「ふくらはぎの怪我から回復している。試合には出場できるだろうね」

 

「他に負傷を抱えている選手はいないよ。ロス(・バークリー)は明日の試合には出場しない。でも彼のフィジカルコンディションはいいし、共にトレーニングを開始して我々のフットボールを理解し始めているのは良いことだね」

 

「彼はフィジカル面と戦術面でもう少し取り組まなければいけないことがあるけど、彼のコンディションは非常にいいよ。人としても素晴らしいし、チームを助けたいという強い気持ちを示している」

FA杯ノリッチ戦直後の試合という事もあり、チームに変更点はあるのか尋ねられた指揮官。

 

ローテーションを回すことを示唆したが、あくまでチームの戦力は落とさない方針のようだ。

 

「リーグ戦だろうがFA杯だろうがカラバオ杯だろうが、どの試合でも強いチームで臨んでいる」と語るコンテ。

 

「3日毎に試合に臨む時はローテーションが重要かもしれないが、強いチームでもいなければならない。さもないと優勝を逃す危険があるからね。準決勝は重要な一戦であり、我々には優勝するチャンスがある。アーセナルとの試合はタフになるだろうね」

 

「今季開幕からどの選手にも出場機会を与え、チームのいいバランスを保とうとしてきた。どの選手も出場するのに相応しいと思っているよ」

 

「カラバオ杯には若い選手が出場しているが、強いチームだった。今大会のここまでの道のりは決して楽ではなかった。4回戦のエヴァートン戦、5回戦のボーンマス戦、そして次は準決勝アーセナル戦だ」

 

「準決勝まで勝ち進めたことを嬉しく思う。ベストを尽くして決勝へ進みたいね」

直近の対戦では引き分けに終わっている両チーム。今月は3度対戦し、明日は2試合目を迎える。

 

記者会見の中でコンテは、アーセナルとの対戦について次のようにコメントした。

 

「前回のアーセナル戦はいい試合だったね」と語るコンテ。「あの日の我々のパフォーマンスは非常に良かったね。アーセナルの強みも良く分かっているよ」

 

「彼らがどこから勝利を掴みに来るのか知っている。いい試合をして勝利を収めたいね」

 

「アーセナルはイングランドのトップ6に入るチームだから気を引き締めていかないとね」