マッチプレビュー:チェルシー v レスター・シティ - ヒストリー

ヒストリー

 

チェルシーはレスターとの直近14試合で12勝を飾っている。

 

昨季の2016年10月にスタンフォードブリッジで対戦した際、クラウディオ・ラニエリ率いるレスターは、13連勝を飾るブルーズの勢いにのまれることとなった。前年王者としてレスターは試合に臨むも、思うような結果は得られなかった。

 

試合は開始早々にCKをネマニャ・マティッチがフリックしてディエゴ・コスタへと繋ぐ。ロベルト・フートとウェズ・モーガンを振り切り、このボールを受けたコスタが、カスパー・シュマイケルが守るゴールをこじ開けた。



その後アザールと古巣との対戦となったエンゴロ・カンテが2点目を生み出す。相手のフートとルイス・エルナンデスがパスカットできず、このボールをペドロが倒れこみながらもアザールへと繋ぎ、そのまま落ち着いてゴールに流し込んだ。

 

前半終了間際には、ダヴィド・ルイスがFKでゴールを狙うも好セーブにあう。後半にはサイドを駆け上がったカンテがフリーのヴィクター・モーゼスへと繋いだが、得点には至らなかった。

 

モーガンがライン上でカンテのシュートを防ぐ場面もあったが、試合時間が残り10分となった所でチェルシーに3点目が訪れる。右サイドでボールを受けたモーゼスが途中出場のナサニエル・チャロバーへとパス。これを中に入ってきたモーゼスへヒールで折り返し、これを受けたモーゼスがネットを揺らした。

ブルーノート

1932年1月13日水曜日、スタンフォードブリッジで行われたFA杯3回戦の再試合にて、チェルシーはトレンメアを5-3で下した。この試合でヒューイー・ギャラガーが同点弾を決め、トミー・ローがPKを成功させている。


レスターがスタンフォードブリッジで最後に白星を挙げたのは2000年9月。カルロ・クディチーニがゴールマウスを守り、ジョン・テリーはベンチから試合を見守った。このシーズンはリーグ戦でレスターに敵地でも2-1で敗れている。

 


レスターは1965年10月以降、スタンフォードブリッジでのリーグ戦で僅か1勝しか挙げられていない。

 

スタンフォードブリッジでの過去10年間リーグ戦対戦結果

 

1996/97              チェルシー 勝利 2-1     プレミアリーグ

1997/98              チェルシー 勝利 1-0     プレミアリーグ

1998/99              引き分け 2-2            プレミアリーグ

1999/00              引き分け 1-1            プレミアリーグ

2000/01              レスター 勝利 2-0       プレミアリーグ

2001/02              チェルシー 勝利 2-0     プレミアリーグ

2003/04              チェルシー 勝利 2-1     プレミアリーグ

2014/15              チェルシー 勝利 2-0     プレミアリーグ

2015/16              引き分け 1-1            プレミアリーグ

2016/17              チェルシー 勝利 3-0     プレミアリーグ



今季第1戦

2017年9月9日 プレミアリーグ

レスター...............1        チェルシー...............2

 

 

スタンフォードブリッジでのリーグ戦最多得点差勝利:

チェルシー 4-0 レスター     1924/25、1957/58、1994/95

チェルシー 1-3 レスター     1960/61、1961/62