マッチレポート:チェルシー 0-0 アーセナル

カラバオ杯準決勝1st legはスコアレスドローに終わった。

 

アントニオ・コンテは前回のアーセナル戦から2人を入れ替えた。ティエムエ・バカヨコ、ギャリー・ケイヒルに代わってスタメン起用されたのはダニー・ドリンクウォーター、アントニオ・リュディガーだ。

前半はお互いに締まった展開。チェルシーはモーゼスが右サイドの突破から惜しいシュートを放つなどチャンスを作る。

    

アーセナルは前半38分、イウォビが決定的なシュートを放つが、ここはティボー・クルトワがスーパーセーブ。失点を許さない。

後半は徐々にオープンな展開に。コーナーキックに合わせたクリステンセンのヘディングシュートはわずかに枠を捉えられず。



結局試合は両者譲らずスコアレスドローに終わった。決着はエミレーツスタジアムでの2nd legでつけられる。

チェルシー(3-5-2):クルトワ;アスピリクエタ(c)、クリステンセン、リュディガー;モーゼス、ドリンクウォーター(ウィリアン 68)、カンテ、ファブレガス、アロンソ;アザール(バカヨコ 84)、モラタ(バチュアイ 87)

控え エドゥアルド、ザッパコスタ、ダヴィド・ルイス、ペドロ

警告 カンテ 79

 

アーセナル(3-4-3):オスピナ;チェンバース、ムスタフィ、ホールディング;ベジェリン、ジャカ、ウィルシャー(エルネニー 57)、メイトランド=ナイルズ;イウォビ、ラカゼット(サンチェス 66)、ウェルベック

控え マーシー、メルテザッカー、マヴロパノス、ネルソン、ウォルコット

警告 ジャカ 51、エルネニー 86

 

主審 マーティン・アトキンソン

観客数 40,097人