マッチレポート:チェルシー 3-0 ウェストブロム

エデン・アザールが2ゴール、ヴィクター・モーゼスもネットを揺らしチェルシーは勝利でトップ4に踏みとどまった。

 

アンドレアス・クリステンセンはハムストリングの負傷が完治しスタメン復帰。アルヴァロ・モラタもベンチ入りし、後半には途中出場でケガからの復帰を果たした。

序盤はダヴィデ・ザッパコスタとジルーがウェストブロムゴールへ迫る。

 

セサル・アスピリクエタのクロスにファーで走りこんだザッパコスタが合わせるも、これはフォスターが好セーブ。

 

均衡が破れたのは25分。アザールがジルーへ縦パスをつけると、ジルーはポストプレーから再びアザールへリターンパス。これを受けたアザールが確実にゴール下隅へと流し込んだ。

ジルーもクリステンセンのシュートのこぼれ玉にオーバーヘッドボレーで反応するなど見せ場を作る。

60分にはケガから復帰したアルヴァロ・モラタがジルーに代わってピッチへ。すると直後に試合が動く。

 

右サイドからモーゼスがファブレガスへとパス。これをフリックしたファブレガスのパスは相手へと当たり、モーゼスのもとへ。モーゼスはこれを流し込み、チェルシーに追加点。

さらにはアザールがカットインから左足を振り抜き3点目。勝負が決まった。

    

勝ち点3を獲得したことで、土曜日に勝利を収めたトッテナムを再び抜いて4位へ。チェルシーは金曜日にFA杯でハルと、週明けのはチャンピオンズリーグでバルセロナと対戦する。

 

チェルシー(3-4-3):クルトワ;アスピリクエタ(c)、クリステンセン(ケイヒル 74)、リュディガー;モーゼス、カンテ、ファブレガス、ザッパコスタ;アザール、ジルー(モラタ 61)、ペドロ(ウィリアン 80)

控え カバジェロ、エメルソン、アンパドゥ、ドリンクウォーター

得点者 アザール 25、71、モーゼス 63

 

ウェストブロム(4-4-2):フォスター;ドウソン、エヴァンス(c)、へガズィ;フィリップス、クリホヴィアク、バリー(ヤコブ 80)、ブルント(ブルケ HT)、ギブス;スタリッジ(ロドリゲス 4)、ロンドン

控え マイヒル、ニョム、マコーリー、マクリーン

警告 エヴァンス 45+3、ギブス 49

 

主審 リー・メイソン

観客数 41,071人