マッチプレビュー:ニューカッスル・ユナイテッド v チェルシー - トーキングポイント

プレミアリーグの締め括りは250マイル北にて、我々の記念すべき一戦となる。クラブの専門家リック・グランヴィルとポウル・ダットンにこの戦いをプレビューしてもらった…      

トーキングポイント

今週末、今シーズン一つの舞台の幕が下りるチェルシーは、2016年10月から12月に我々をチャンピオンへと導いたアウェイ6勝の記録以来となる1シーズン1リーグにおけるアウェイ戦4勝目を目指す。

「与えられるべき順位で終わるものだ」とハダーズフィールドにホームで1-1で引き分けた試合の後、コンテはコメントした。ポストの広さとグローブを叩く乾いた音が、アンドレアス・クリステンセンの決定打となり得たシュートを阻んだ。 

結果はハダースフィールドのトップファイトでの救いを保証するものとなった。ストークを打ちのめした戦いも含んだスウォンジーの華麗なる逃走劇、そしてサウサンプトンはマンCに負けを喫し、 追い風は10ゴール差をも付ける展開となった。 

しかしリヴァプールをホームで打ちのめした結果とニューカッスルへの勝利が、トップ4で今シーズンを終えるための最後の希望をチェルシーに与えてくれている。当然のことながら、コンテはこの追い上げを諦めてはおらず、「全力を尽くし、手を緩めない」と主張している。