パコ・ビオスカ - メディカルディレクター

ドクター、パコ・ビオスカは、2011年7月にメディカルディレクターとしてチェルシーに加入した。彼はチェルシー前の6年間はシャフタール・ドネツクで同様に職に就いていた。

 

カタルーニャのクラブ、リェイダでメディカルサービス長を25年間務めた。彼は整形・スポーツ外傷欧州連盟会長、スペインフットボールチームドクター学会会長も歴任している。

 

また彼は、イベリアスポーツ力学学会会長、スペインスポーツ外傷学会の創始者(後に会長)であり、現在は当協会の委員である。

 

バルセロナ大学で医学を学んだ彼は、整形外科学の学位を取得。その後、1994年から12年間リェイダ大学で解剖学の教授を務め、8年間、スポーツ医学修士課程、医学部、INEFの共同ディレクターを務めた。

 

ドクター・ビオスカはリェイダ、シャフタールでサッカー界に携わる前は、リェイダのアルナウ・ヴィラノヴァ病院で整形外科手術のスペシャリスト、モンセラット病院の整形外科手術長として医学界で活躍し、1992年のバルセロナオリンピックではテニスのメディカルディレクターを担当した。

 

ドクター・ビオスカは、スポーツ障害分野での功績が認められ、スペイン保険学会から金メダル、ウクライナでは市民功労勲章を受賞している。