クル・ズマ

2014年1月の移籍市場最終日にサンテティエンヌから加入。そのままシーズン後半は古巣に残ってプレーした。

 

センターバックが本職ながら、右サイドバックや中盤底でもプレー可能。

 

ブルーズデビューはキャピタルワンカップのボルトン戦。いきなりゴールを決めて、2-1の勝利に貢献した。さらに決勝では中盤底でプレーし、トッテナム相手に堂々のパフォーマンスを披露、優勝に貢献した。プレミアリーグ優勝を経験も、怪我のため長期離脱を強いられる。

 

2017年1月にはファーストチームに復帰。2度目のリーグ優勝も経験している。

 

2017年7月、ズマは新たな6年契約にサイン。新シーズンはストークへのローン移籍することが発表された。