カラバオ

チェルシーフットボールクラブは、新たなグローバルパートナーシップとなった東南アジアのエナジードリンク、カラバオのロゴが入るトレーニングウェアを今後3シーズンに渡って着用する。

 

アントニオ・コンテ新監督率いるチェルシーの、新たなトレーニングウェアを彩るカラバオは、他にもU21チーム、レディースチームのトレーニングウェアにも使用される。またコブハムの本部、記者会見場、ツアー、公式戦親善試合を問わず遠征時やウォーミングアップ時にも表示される予定だ。

 

目まぐるしく変化するライフスタイルに、明日への活力を提供するカラバオ。味だけでなく、力みなぎるその効力も魅力的だ。

タイで大成功を収めたエナジードリンクのカラバオは、2016年にパートナ企業であるインターカラバオがUKカラバオを運営開始。これを皮切りに世界展開を狙う予定だ。

 

インターカラバオCEOのピーター・グティエレスは次のようにコメント。「もっと大きくしていきたい。カラバオの今後の世界展開を目指す上で、世界中にファンを持地、プレミアリーグの強豪でもあるチェルシーと一緒に進んでいけることは大きな後押しになる」

 

「フットボールは紛れもなく世界ナンバーワンのスポーツ。年代性別を問わず楽しまれている。チェルシーとともに、この世界に切り込んでいきたい。ファーストチームだけでなく、レディースチーム、U21チームにも協力していくつもりだ」

一方、チェルシーFCのマネージングディレクターであるクリスティアン・パースロウは「カラバオとのコラボレーションにワクワクしているよ。練習は1週間に6日間行われるから、露出度もかなり高いはずだ」

 

「世界中の何百万のファンが気に入ってくれるはずだよ。カラバオにとっても、世界を代表するエナジードリンク企業となるいい足がかりになるだろう」

 

325ml缶で1.19£のカラバオは、水牛の力強いロゴが印象的なデザイン。現在は"オリジナル"と"シュガーフリー"の2種類が発売中、2016年終盤にはさらなるフレーバーも追加予定だ。