アジアサッカースクール

“Here to Play, Here to Stay”の思いを軸に、チェルシーは現在アジア圏に6つのサッカースクールを開設している。アジア圏はチェルシーにとってフットボールのグラスルーツを深める大きな意味があるのだ。

チェルシー財団認定のコーチ陣が各プログラムを指導、年代を問わず若い才能を育てることに尽力している。

チェルシー流のフットボールを学ぶと同時に、フェアプレー精神、相手を敬う気持ち、規律や栄養学の知識も育んでいるのだ。

Blue Pitchと呼ばれる人工芝を備えたサッカースクールもあり、ここでプログラムが行われることもある。蒼に染まったピッチで子供たちはよりチェルシーらしさを感じながらプレーが出来る。

コーチングセッションだけでなく、天候を問わず練習試合や友人同士での利用も可能だ。

サッカースクールは地域社会への貢献も忘れていない。地域隅々までケアをし、それぞれのニーズにあった活動を展開している。

また各会場は、それぞれの地域のパートナーとも強い結びつきがある一方で、アディダス及びシンハは全プログラムの運営をアシスト。

アジア圏のサッカースクール一覧は以下の通り。ぜひチェルシーのスタイルを学び、皆でファミリーになろう。

       中国

       福建省、 中国

       >> 詳細はこちら

       *ウェブサイトは簡易中国語のみ

       香港

       九龍、 香港

       >> 詳細はこちら

       *ウェブサイトは英語または簡易中国語のみ

       インドネシア

       ジャカルタ、インドネシア

       >> 詳細はこちら

       *ウェブサイトは英語またはバハサインドネシア語のみ

       日本

       東京、日本

       >> 詳細はこちら

       シンガポール

       シンガポール

       >> 詳細はこちら

       *ウェブサイトは英語のみ

       タイ

       バンコク、タイ

       >> 詳細はこちら

       *ウェブサイトは英語のみ