カップ決勝でレイ追悼

FAは土曜日ウェンブリーで行われるFA杯決勝において、レイ・ウィルキンスへの追悼を行うと発表した。

 

元キャプテンでありコーチとしてもクラブに貢献したウィルキンスは、先月に急逝。決勝のカードとなるチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドでもプレーした経験があるだけでなく、1983年のFA杯決勝ではゴールも記録した。またジャンルカ・ヴィアッリ、フース・ヒディンク、カルロ・アンチェロッティのもとではアシスタントコーチとして2000年、2009年、2010年に同タイトルも手にしている。

 

土曜日にはレイの夫人であるジャッキー・ウィルキンス氏が参列し、優勝チームへトロフィーの授与を行う。またマッチデイプログラムやバナーなどを用い、レイを追悼する催しが行われる予定だ。